設備管理に最適な自動制御システム|自動感知で省エネ効果あり

  1. ホーム
  2. 太陽光発電の新システム

太陽光発電の新システム

ソーラーパネル

用地不足を解決する新発想

近年は資源保護の観点から、再生可能エネルギーに高い注目が集まっています。中でも太陽光発電は、無尽とも言える太陽エネルギーを利用したクリーンな発電システムとして普及が進んでいます。ただ、そんな太陽光発電にも課題はあります。太陽光発電には発電用パネルを設置する広大な敷地が必要になるため、最近では用地不足が顕著になってきているのです。そんな中、画期的な解決法として脚光を浴びているシステムがあります。それがソーラーシェアリングです。ソーラーシェアリングは農地に発電用パネルを設置し、電力を産出するシステムです。ユニークなのは、休耕地などではなく現に耕作中の畑などに設置するという点です。つまり1つの土地を農業生産とエネルギー生産とでシェアするというわけです。

農家の経営状況を改善

太陽光発電には陽射しが欠かせないように、農作物の成育にもやはり太陽のエネルギーは不可欠です。したがって、農地にパネルを設置した結果、陽射しを奪い合うような結果になっては意味がありません。しかし専門研究によれば、一定の高さと間隔を工夫してパネルを設置すれば、農作物にほとんど影響を与えることなく発電事業が営めることが判明しました。これにより、ソーラーシェアリングの実用化が可能になったのです。ソーラーシェアリングを導入することにより、農家は自家で使用する分の電力を自ら作り出せるようになるばかりでなく、余剰分を売電することで現金収入を得るチャンスも生まれます。家計を改善し、後継者問題の解決の一助にもなるとして注目されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加